BMW F30 320i Mスポーツで行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS BMW F30 LCI 一体どこが違うの? インテリア編

<<   作成日時 : 2015/05/10 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

エクステリア編はこちら

テクノロジー編はこちら


さて、続きましてはLCIで変更されたインテリアについてざっとご説明します。

大きな変更点としては

1.エアコン吹き出し口にシルバーの枠が追加され、若干高級化したように見える

画像


これが高級化に見えるかどうかは別としてもまあありかとは思います。
逆に前期型の質素な感じが好みの方もいらっしゃるかとも。。。

2.センターコンソールのオーディオ・エアコンパネルが一体化したフレームのようになり高級感を増した

今までは、センターコンソールの枠の中にオーディオとエアコンが入っているというイメージでしたが、全体がピアノブラックになり、オーディオとえあこんの操作パネルが一体化してフローティングしているイメージになっています。

画像


ピアノブラックが好きな日本人にはたまりませんね。

3.センターコンソールのカップホルダーが可動式の蓋付きに

F30前期型の一番解せなかったポイントですね。
前期型ではカップホルダーを使いたかったらトレイを外してグローブボックスに収納という形式だったのですが、結局カップホルダーは必要なのでトレイはずっと外されたままと言うオーナーが多いのではないでしょうか。LCIからはカップホルダーに蓋が出来ます。(蓋の必要性は?ですが)

画像

カップホルダーの後ろにトレイが見えますが、これはノンスモーカーパッケージだと思われます。
スモーカーパッケージは引き続きこの場所に灰皿がつくものと思われます。

4.ドア内装の上部にデザインラインの装飾がつく

これは、4シリーズクーペや4シリーズグランクーペですでに実現されていましたが、F30にもいよいよ(?)登場です。
写真はスポーツラインですが、コンソールのラインからドアにラインが続く様に見えます。
F30前期型でもこのラインはありますので、当初開発時点ではここのラインにはLCIのようなコンソールから続くラインが付けられていたのでは無いかと想像します。

この部分はLCI化したいですね。(私の場合はブルーのライン)
画像


このように、エクステリアとインテリア共に変更は最小限となっていて、F30のデザインが完成されているからか、他の車種の開発費にお金がかかって見た目に手が回らなかったのかは定かではありませんが、現行オーナーとしては、何となく安心できるLCIとなりました。

エクステリア編はこちら

テクノロジー編はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BMW F30 LCI 一体どこが違うの? インテリア編 BMW F30 320i Mスポーツで行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる