BMW F30 320i Mスポーツで行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS ある意味気持ちいいニュルセッティングのゴルフGTIクラブスポーツS

<<   作成日時 : 2016/05/04 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



265PSのゴルフZクラブスポーツ(GOLF VII CLUBSPORTS)が発表されて間もないですが、さらなるハイスペックバージョンのゴルフZクラブスポーツSがもうすぐお目見えのようです。



この車は400台限定で生産されると言われており、なんと言ってもニュル最速を目指すために作られたと言っても良い車になっています。

これまでのFF車のニュル最速タイムはシビックタイプRが打ち立てた7分50秒63でしたが、クラブスポーツSはそれを上回る7分49秒21と言う記録を打ち立てたそうです。

これは、いままでフォルクスワーゲンがあまり重要視していなかったニュルブルクリンクでの速さを追求しに来ていると言うことであり、セッティングはニュルブルクリンクスペシャルのセッティングになっているはずです。

その意味では、ゴルフの実用性を捨ててまでニュルのタイムを狙いに行ったモデルとなっていて、そのスペックは3ドアで2シーター(後席は廃止)で、1,285kgという重量を達成した上で、310馬力、トルク380Nmにパワーアップした4気筒2リッターTSIエンジンにDCC(Dynamic Chassis Control)に19インチホイールとセミスリックタイヤの組み合わせという明らかにタイムを狙っているセッティングとなっています。

ちなみに0−100km加速は5.8秒、で専用バケットシートやバックスキンのステアリングホイールなど走りに十分な装備が与えられる様です。



ニュルブルクリンクのタイムアタックの動画を見ても、いかにも軽そうに動いていることが分かります。こんなスペシャルなモデルを手に入れることのできる人はほんの一握りでしょうが、ある意味この車を手に入れたらニュルを走らないと意味がないんじゃ無いかとも思います。

あと、いままでフォルクスワーゲンが全く気にもしていなかったニュルブルクリンクのタイムにこだわりだしたのは、やはり昨年の排ガス不正の問題もあるんじゃ無いかと思います。いままで、実用的でエコで、低エミッションという事を売りにしていたフォルクスワーゲンが、排ガス問題によって、走りの楽しさや速さに売りをシフトさせてきているのではないかと感じます。

いずれにせよ、今後フォルクスワーゲンがどんなモデルを出してくるのか気になるところですね。

画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある意味気持ちいいニュルセッティングのゴルフGTIクラブスポーツS BMW F30 320i Mスポーツで行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる